ブルカ禁止法 フランス 新聞

ンス・・・・・, フランスでは「ブルカ禁止法」が議論をよんでいる。イスラム教徒の女性が、 (フランス語) - レンヌ (ブルターニュ地域圏) Nord Eclair (フランス語) - ルーベー の地方新聞: Le Journal de Saone-et-Loire (フランス語) - ソーヌ-エ-ロワール県 の地方紙: La Depeche du Midi (フランス語) - トゥールーズ La Nouvelle Republique (フランス語) - トゥール の新聞 この法律が生まれたきっかけは、2009年6月に当時の大統領サルコジが宗教上の理由によるヴェールはフランスに歓迎されないと述べたことにある。サルコジは、法律の目的は女性が顔を隠すよう強要されることから守り、フランスの政教分離を擁護するためだと述べた。世論調査では80%が法律による禁止に賛成した。 イスラームの知識人たちは、ヴェールで顔を隠すことはイスラームの教えではなく、コーランにも書かれていないが、ムスリム文化の伝統であると述べた。アメリカに住む著名なイスラ… フランス政府は禁止令を支持する姿勢を示しており、イスラム教の女性を守るために制定されたと主張している。マニュエル・バルス首相は、ブ� 2020年12月14日からメトロ14番線の北端が延伸. =================================================, 韓国と日本の建国神話 ——太陽の神と空の神   延恩株 (著) 本稿では、2004年法の施行以降、とりわけ、公共空 間において顔を隠す衣服の着用を禁じた2010年ブルカ 禁止法制定以降のフランスにおける宗教的自由とライシ テをめぐる状況について考察する。 1.3-本稿の構成 本稿の構成は以下のとおりである。 惹かれた高齢者、の三つのタイプに分類されるが、①の若い改宗女性が最も多く、 tricolorparis 2020/12/18. ============ =================================================, オルタ」の執筆者が最近、単行本として上梓された著訳書を紹介します。厳しい事情にある出版界で、1冊の本を出すことは大変なエネルギーのいることなので、皆さまのお力で広めて戴きたいと思います。 フランスで「ブルカ禁止法」施行 フランスは何を目的としているのですか? フランスの共和体制は無宗教性を国の方針として憲法に謳い、宗教性が色濃く出てくるのを禁止しています。これは旧支配層であ … としているのである。, みずからをカトリックの桎梏から解き放ち、ユダヤ人や黒人奴隷を解放した、 3月、ブルカ着用の一律禁止は「個人の自由」を定める憲法に違反する恐れがあ 愛の共和国理念は絵に描いた餅にひとしい。国籍は与えられても「社会のクズ」 Neighboring Algeria and Morocco already enforce such bans. 教化)」が据えられている。, だがその原理と現実が軋んだ発端が、1989年にパリ郊外の公立学校で起こった 読売新聞. 落穂拾記―新聞記者の後始末 (オルタ叢書) 単行本 –羽原 清雅 (著), アメリカ帝国の終焉 勃興するアジアと多極化世界 (講談社現代新書) 新書 –進藤 榮一 (著), いま言わずして 二人誌「埴輪」単行本(ソフトカバー) –宇治 敏彦 (著), 小榑 雅章 (著), 花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部 (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 花森安治・大橋鎭子との日々), 薬師寺の向こう側―南船北馬の王権興亡 (幻想史学「向こう側シリーズ」)–室伏志畔 (著), 最後の「天朝」――毛沢東・金日成時代の中国と北朝鮮(上)  沈 志華 (著), 朱 建栄 (翻訳), 中国と南沙諸島紛争 問題の起源、経緯と「仲裁裁定」後の展望 –呉 士存 (著), 朱 建栄 (編集), ジェニファー・コックラル=キング 著, 白井 和宏 訳 フランスで「ブルカ禁止法」施行、違反者には罰金1万8000円 (4/11) アイスランド国民投票、破たん銀行の英蘭預金者への払い戻しを拒否 (4/11) 活の先行きに不安を感じる人たちは、不満の矛先を移民に転じて、反移民感情を 表現の自由の侵害にもつながる一方的な思い込みにすぎない。, 事実、パリ在住でブルカを着た女性とのインタビューをドキュメンタリー映画 募らせている。そうした大衆感情におもね、かつ煽って、「我々の社会に溶け込 民社会の理念を形づくったとの自負から、「共和国の普遍的価値」の共同幻想の フランスで成立した「ブルカ禁止法 」 サルコジ政権時代、2010年10月11日に成立した「ブルカ禁止法」。 「公共の場」 道路・公共交通機関・病院・市役所など。 「 人の目につく場所 」映画館・劇場・図書館・商店・職場・公園・海岸など。 共通点」と語っている。また、「50人以上の女性を取材したが、男性から着用を を後ろ盾にしたとしても、ブルカ着用を自主的に選ぶ自由を奪うことはできない 法」が制定された。, 一方、イスラム圏旧植民地からの移民の二世・三世にとって、自由・平等・友 ================================== 「ブルカは女性隷属の象徴」と言うサルコジ大統領だが、 実際はイスラム教とフランスという対立構造になっているように感じる。 欧州で初の禁止法を下院で可決させたベルギーでは、 公共秩序・安全の維持、女性の権利保護に重きが置かれている。 対など、偏狭な価値観を煽って大衆感情におもねる企てが目についた。だが、こ この法案の表向きの理由である。, だが、さらにその背後には、イスラム教徒の移民の増加を不快とする大衆の感 フランスでたびたび起こるイスラムの「スカーフ論争」 。何がよくて、何がダメなのか?今までフランスで物議をかもした、スカーフ討論について。, 2019年、フランスで大物議中のデカトロン「ランニング用ヒジャブ」をめぐる論争。フランスをはじめヨーロッパで増加する「イスラム教」の人口と、それに比重してニーズがうなぎ上りな「イスラム・モード 」について。フランスでの反応をお伝えしたいと思います。, イスラム教といえば、サウジアラビアのような厳格な国から、トルコやモロッコのようにちょっと緩めの国まで様々です。成人した女性が外出の時に身に着ける伝統的な衣装。頭や顔はもちろん、全身をすっぽりと黒いスカーフで覆う国もあれば、ある程度、肌の露出が許容されている国もあります。, フランス在住のイスラム女性が身に着ける伝統的な「スカーフ」ついて。フランスでの反応はどうなんでしょうか?, イスラムの女性が頭に巻いているスカーフ「ヒジャブ 」。ヒジャブ自体は、フランスどこにいても身に着けることができますが、, これは法律で2004年3月15日に定められており、公立の小学校・中学校・高校が対象です。, 実はフランスの公立学校では「ヒジャブ 」だけに限らず、宗教を彷彿させる衣装やアクセサリーの着用は禁止されています。, 6歳未満の子供が通う機関(日本でいう保育園・幼稚園)について、「宗教的中立」を求める服装の言及はありませんでしたが…私立幼稚園「Crèche Baby Loup」 で雇われた女性が「ヒジャブ 」を着用し解雇されました。 2014年6月 司法の判決で女性側に「重大な過失」があったと認め、解雇は正当だとする判決が下り大物議となりました。これを受けて翌年2015に、入学前の子供が通う機関においても「宗教的中立」を求める服装を求める法律を導入することが決められました。, サルコジ政権時代、2010年10月11日に成立した「ブルカ禁止法」。 「公共の場」 道路・公共交通機関・病院・市役所など。「 人の目につく場所 」映画館・劇場・図書館・商店・職場・公園・海岸など。, 自宅以外のほぼすべての場所で適用され、顔や頭をほぼ覆いつくすスカーフの着用が禁止されています。, Tunisia becomes the latest Muslim country to ban full-face veils for security reasons. することを禁じ、違反すれば着用者は罰金150ユーロ(約1万7千円)か、フラン 白水社刊 =================================================, ■韓国──近景・遠景 延 恩株 (著) ブルカ禁止法、圧倒的多数で可決…仏下院 【パリ=林路郎】フランス国民議会(下院)は13日、イスラム女性の着衣であるブルカやニカブなど、頭から足まで覆う衣類を公の場で着てはならないとする「ブルカ禁止法案」を賛成335、反対1の圧倒的多数で可決した。 年以降、世界各地で続いた爆弾テロの記憶もあり、全身を覆う服の中に爆弾を隠 で隠すよう求める聖典コーランや預言者ムハンマドの言行録の記述にあるとされ この、普遍的市民権と宗教共存のライシテ原理は、従来、革命の伝統を受け継ぐ 人々の安全を守れないとする治安上の主張が、女性の人権擁護の主張と併せて、 ライシテ原理(世俗主義。私的領域における宗教の自由と公的領域における脱宗 pic.twitter.com/AXo1Oi4CmX, ブルキニを着用した一人の女性が4名の警官に取り囲まれ、ブルキニを脱がさせられている様な写真がニュースになり、多くの人権団体やイスラム教団体がこれに抗議しました。 この2016年の夏、ニース・カンヌなどの13の自治体のビーチで、ブルキニ使用が禁止された年でもあります。 「公の秩序を乱すリスク」とか「 游泳の安全の為」など …自治体によって理由はいろいろです。, 2018年にはTF1の音楽オーディション番組「THE VOICE」。ナタリー・ポートマンに似ているこちらの女性。, “I Feel” : Mennel enchaîne avec un #single entraînant.https://t.co/tLM6dP70nL #TheVoice #Music pic.twitter.com/HJK4qhEOM1, 毎シーズン彼女が番組に出るたびに、フランスでは毎回毎回大議論。頭に巻いているスカーフ、そしてアラビア語で歌う「ハレルヤ」。よくフランスで出来たもんだと彼女の肝っぷりには関心します。, そして2019年、大手スポーツ用品店「デカトロン」が発表した「ランニング用 ヒジャブ 」。すでにモロッコのデカトロンでは店頭に並んでいる商品です。, Hello @washingtonpost @nytimes thanks for shaming France, it’s anormal to prevent women from practising sport and to ban the selling of the #HijabRunning this is a complete shame from the land of Human’s rights. 「彼女らは独立心が強く、社会の中に自身の居場所を見出そうとしているのが 再来年に大統領選を控えたすサルコジ政権が推し進めるこの法案の真の狙いはあ フランスにはとくに、自由・平等・友愛を謳ったフランス革命の思想が近代市 本稿では、2004年法の施行以降、とりわけ、公共空 間において顔を隠す衣服の着用を禁じた2010年ブルカ 禁止法制定以降のフランスにおける宗教的自由とライシ テをめぐる状況について考察する。 1.3-本稿の構成 本稿の構成は以下のとおりである。 もうとしない移民は断乎排除する」という姿勢を印象づけようとするところに、 フランスのスリや詐欺の手口も年々巧妙化しているのですが、時事に絡めた詐欺が横行することもあります。今回は【コロナウィルス関連詐欺】について。マスクを着けていたらフランスの法律【ブルカ禁止法】に違反していると何癖を着けられて罰金を科せられる詐欺の話。 ブルカ禁止法の制定 2010年5月、フランス政府(サルコジ大統領)は公道や公共施設でのブルカ着用を禁止する法案を議会に提出した。 すでにベルギーで成立していたブルカ禁止法とは、イスラーム教徒の女性が頭髪や肌の露出を避けるために全身を覆うように着用する衣服である。 カは隷属の表徴であり、フランス共和国の領土内では歓迎されない」。 Even in the West and India, a niqab or burqa has been used (including by men) to carry out a terrorist attack or to escape the police. オルタ出版企画 議を働きかけ、圧倒的多数の決議採択を追い風に同月、禁止法案を閣議決定し、 左の共和主義の主張だった。それがいまや右寄りの閉鎖的ネーション観を正当化 「スカーフ事件」であった。イスラム系女生徒がスカーフを被ったまま公立学校 2013年10月27日 閲覧。 ^ ベルギーもブルカ禁止を法制化、欧州で2番目 (2011年5月26日) ^ “オランダもブルカ禁止へ、欧州3か国目”. かそれだけの人数を対象とした法律の成立になぜこれほどのご執心か。, ブルカ禁止法案の背景には、もちろん、イスラム教徒への警戒感がある。2001 るといえよう。, こうした政治傾向はいま欧州各地に広がりつつあるが、フランス社会に詳しい 動は逆に非妥協的治安対策で鳴らすサルコジ内相(当時)の人気を押し上げた。, 07年の大統領選で極右票を取り込んで当選したサルコジは、「移民と国民アイ ============ の着用」を一般的、一律的に禁止するものとして読むことができるように思われ る。 近年フランスにおいてはブルカの着用を法的に禁止するべきとの声が高まって おり、上記禁止法もこれを受けて制定されたものである。今後憲法院による違憲 HAIK. に登校することの是非をめぐって、ライシテ原理強硬派と多文化主義寛容派が激 情がある。とりわけ、最近のグローバリゼーション下の経済危機で失業したり生 警官撮影禁止法案 修正へ…フランス与党 ... 読売新聞オンラインに掲載している記事や写真などは、日本の著作権法や国際条約などで保護されて� 出す「選別的移民政策」を強化した。ブルカ禁止法はこうした流れの中にある。  9年目の9.11を迎えたアメリカでは、コーラン焚書計画やモスク建設計画反 るとの見解を政府に伝えていた。フランスが理念とする「世俗主義」「男女同権」 #HijabDecathlon #WeKeepRunninghttps://t.co/2UQlIlOvoa, 値段は8ユーロ。2019年3月半ばにフランスでの販売を予定していましたが…こちらも揉めに揉めて、最終的には「ランニング用 ヒジャブ」の販売が断念されました…, 当初は、フランスでの販売を展開する姿勢を崩さなかったデカトロンも一般人・政治家からの非難が殺到し、無念の決断を迫られました。, 「 ヒジャブは違法ではない」と前置きした上で、「共有できないのは女性の理想像。フランスブランドはヴェール(ヒジャブ)の販売を促進しない事が好ましい」, 「 あまり意味のない宗教的な儀式の名前で、女性を閉じ込める事がすべて可能 になる」これは共感したくない。, 「恥ずべき事、法律で顔を隠すことは禁止だと思い起させる。デカトロンは稼ぐどころか多くの顧客を失うだろう」, デカトロンに「ランニング用 ヒジャブ」 販売の撤回を求め、一般の方に対象製品のボイコットを求める。, フランスで大ひんしゅくを買ってしまった「ランニング用 ヒジャブ」 。賛成派と反対派で大論争が巻き起こっているのですが、フランス企業としてのエスプリを忘れ、金儲けに走ってしまったフランス版ユニクロ「デカトロン」に不信感を持つ人が多いようです。しかし、イスラム教の女性をターゲットにした「イスラム・モード 」。実はグングン市場が伸びている分野。アメリカではナイキが、スウェーデンのH&Mが、イギリスのマークス&スペンサーが、そして日本ではユニクロも、イスラム・モードに熱い視線を送っています。2018年の市場取引額は2,400億ユーロと推定される巨大市場。14年後の2023年には更に800憶ユーロ増えると推測されています。, フランスに住むイスラム教徒の割合は8,8%(2016年)。フランス国内に572万人のイスラム教徒が住んでいると研究結果が出ています。, そして2050年、人口割合はさらに増えて12,7%と予想。人口は860万人に膨れ上がると言われています。, 2019年11月10日、パリでは「イスラム教・ムスリムに対する偏見や憎悪に立ち向かう人々」が集まった抗議デモが行われました。, 約13,000人が参加したと言われるこの抗議活動には、大物政治家の ジャン=リュック・メランションらも参加。, La Marseillaise entonnée place de la Nation à Paris à la fin de la marche contre l’islamophobie pic.twitter.com/ZBsyAX3caR, 自宅近くでヒジャブを着た女性がジョギングをしているのをよく見るのですが、通気性のよさそうな生地でもなく、熱気がこもって大変そうです。デカトロンの「ランニング用 ヒジャブ 」。フランスはヨーロッパで一番、イスラム教の人々が多く住んでいる国なのでこの商品が発売されれば、間違いなくヒット商品になっただろうなと思います。「フランスで巻き起こるイスラムのスカーフ論争」。とてつもなく根の深い内容ではあります。, 【仏デモ】政府が発表したデモ参加者数の矛盾…メディアが指摘、警察労働組合(フランス)も激オコ, 当初は、フランスでの販売を展開する姿勢を崩さなかったデカトロンも一般人・政治家からの非難が殺到し、, 【フランス発】使い捨てプラスチック製品の販売禁止。2040年にゼロプラスチックを目指す. pic.twitter.com/cMpwayknxa, あれ!?フランスで「ニカブ」を着ている人、見た事あるよ!禁止なんだけど…ニカブを着て歩いている人、見たことあるよ!珍しいんですが、たまにいらっしゃいます。実際に法が施行された2011年から2017年の間、「1,977件 」の検査が実施され「1,830件 」 の取り調べと145件の警告が出ています。, タリバン支配下の女性をイメージさせる「ブルカ」。フランスではイメージが悪いのでしょうか?なぜブルカやニカブの着用が禁止されているのでしょうか?, これまでフランスに存在しなかった顔全体を覆う「ブルカ」や「ニカブ」。フランスの公共の場において完全に顔を隠す行為は、 公共の安全を脅かす可能性があり、 社会生活において最低限に必要とされる認識がない事。 またブルカ禁止法が成立した際では、「自発的にに顔を覆う女性は、社会からの疎外感や劣等感の状況下にあり、憲法の原則である「自由」と「平等」これらが明らかに両立されていない 」 と賢者たちが見解をのべています。, 南フランスの一部で禁止されてしまった「ブルキニ」。ブルキニとは「 ブルカ 」と「 ビキニ 」を掛け合わした造語です。, #フランス 行政訴訟の最高裁に当たる国務院は8月26日、#ブルキニ 着用を禁止する措置について、その判断を覆す決定を下しました!©️Giorgio Montersino #france #burkini #woman #swimwear #muslim #amnestyinternational #アムネスティ, Une publication partagée par Amnesty International JAPAN (@amnestyjapan) le 30 Août 2016 à 10 :12 PDT, とっても親近感が湧くブルキニ。日本でもフード付きのラッシュガードにレギンス姿のお母様たちを海やプールで見かけます。このブルキニのどこがいけないのか? と思ってしまいます。, Question of the day: How many armed policemen does it take to force a woman to strip in public? メールマガジン「オルタ広場」編集部  千代田区九段北2-3-2 TEL:03-6261-4857 FAX:03-6261-4863 mail:alter@alter-magazine.jp, powered by Quick Homepage Maker 7.0.2based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. との判断である。 ─────────────────────────────────── かりになっていた。, この法案をめぐっては、じつは、政府に勧告する権限をもつ国務院が、すでに 頭からすっぽりかぶって全身を覆い隠す衣装のブルカやニカブを公共の場で着用 フランスには、2002年から2007年まで留学しました。研究対象は19世紀でしたが、スタジ委員会、「ヴェール禁止法」、2005年の政教分離100 周年など、ライシテのアクチュアリティを間近で経験したことは、とても大きかったと思います。 社会; カルチャー; モード; セレブ&ゴシップ; グルメ; スポーツ; 2024年パリ五輪の競技会場が決定. 2010年10月フランスで成立したいわゆるブルカ禁止法は,日本のメデイアでも注目さ れた(たとえば,「ブルカ禁止仏評議会『合憲』」朝日新聞2010年10月8日付夕刊)。公 共空間で顔を隠す衣服の着用を罰則をもって禁止する同法が, さまざまな憲法上の問題 扱いされる移民の子弟たちの不満は、05年秋の「郊外暴動」で噴き出したが、暴 進めてきた。, イスラム女性がベールで顔や身体を覆う根拠は、女性の美しいところを人前 ============, ============ る。だが、ブルカを着るだけで「女性が抑圧されている」と断じるのは、信教や する道具に使われている。というのが三浦氏の、現在のフランス社会への指摘で にまとめた社会学者アニェス・ドゥフェオ氏によると、ブルカ着用者は①イスラ フランスで成立した「ブルカ禁止法 」 サルコジ政権時代、2010年10月11日に成立した「ブルカ禁止法」。 「公共の場」 道路・公共交通機関・病院・市役所など。 「 人の目につく場所 」映画館・劇場・図書館・商店・職場・公園・海岸など。   今年5月には与党・民衆運動連合(UMP)議員団に国民議会(下院)での決 もとに国民を統一しようとする意識が強い。その「普遍的価値」の柱の一つに「 フランスと同様に公共の場での着用を一律で禁じるよう求める声が上がっていたが、デメジエール氏はドイツの基本法(憲法)と合致しない可能� ス市民教育の受講を義務づけられ、女性が着用を夫や父親に強制されていたとす デンティティ省」を新設して移民と国民を対置し、望ましからざる外国人を追い ===========================, 独りじゃダメなの―中国女性26人の言い分 ある。, 「北朝鮮・核・ミサイル・憲法」を考える フランスでは「ブルカ禁止法」が議論をよんでいる。イスラム教徒の女性が、 頭からすっぽりかぶって全身を覆い隠す衣装のブルカやニカブを公共の場で着用 することを禁じ、違反すれば着用者は罰金150ユーロ(約1万7千円)か、フラン ム教に改宗した20代までの若年層②離婚などの悩みを抱えた中年層③神秘宗教に 「共和国の普遍的価値」を名目に「差異」であるマイノリティーが排除されよう ^ “フランスで「ブルカ禁止法」施行、違反者には罰金1万8000円”. ============, Copyright © 2021 メールマガジン「オルタ広場i」編集室 All Rights Reserved. ロイター (2011年4月11日). れば、強制した夫などには最高で禁固1年か罰金3万ユーロが科せられるという。, このブルカ禁止は、サルコジ大統領みずからが昨年6月の両院合同会議でぶち 7月には国民議会で同法案を可決させ、そして、この9月、上院での審議を待つば フランスで「ブルカ禁止法」の施行が決定。 HOME; NEWS. 2015年の秋、フランスのテレビや新聞は制定から5年というタイミングをとらえて、この法律をめぐる問題を取り上げていた。 この「ブルカ・ニカブ禁止法」は2010年、当時のサルコジ大統領の強い働きかけによって成立したものである。 (2011年9月17日). tricolorparis 2020/12/14. フランスは初めてヴェール論争が起こった国であり、一般にヴェー ル禁止法と呼ばれるヴェールの禁止に関する法律を2004 年に制定した最初の国である。ま た最近ではブルカ3とビキニを組み合わせ、ムスリマも周りを気にせず、気軽に水泳や海水 ****ブルカ禁止法施行後、初の拘束 フランス***** 顔全体を覆うベールの着用を禁止する法律が11日に施行されたフランスで同日、首都パリでの抗議行動中、体をすっぽりと覆い目だけを出す「ニカブ」を着用した女性2人が警察に一時拘束された。 し持っているのではないかとの不安もある。公共の場で本人確認ができなければ しく争ったすえ、2004年、公立学校での宗教的表徴の着用を禁じる「反スカーフ アラブ諸国、特に湾岸諸国からの旅行者の数はスイスで増加の一途をたどり、ジュネーブでは特に著しい。この旅行者たちが、スイスで一番お金を落として行ってくれる人たちであり、その額は一日平均500フラン(約5万4000円)に上る。湾岸諸国からの旅行者は、人数も多いが、高級ホテルの滞在日数においても一番長い。彼らはまた、スイスでは自分たちの食事の好みや生活スタイルに合ったサービスが受けられる …   サルコジ大統領と与党は、だが、その国務院の勧告も無視して法案成立を押し フランスのヨーロッパ・外務省は10月23日、公共空間で顔を隠すことを禁止するフランスの2010年10月11日付法律(いわゆる「ブルカ・ニカブ禁止法」)に関する国連自由権規約人権委員会の見解を受けて声明を発表しました。 上げたものである。演説でいわく、「ブルカは女性の自由と尊厳の問題だ。ブル フランスのヨーロッパ・外務省は10月23日、公共空間で顔を隠すことを禁止するフランスの2010年10月11日付法律(いわゆる「ブルカ・ニカブ禁止法」)に関する国連自由権規約人権委員会の見解を受けて声明を発表しました。 三浦信孝氏の指摘にも触れて、フランスでの経緯を振り返っておこう。 のような危険なポピュリズムはヨーロッパにもひろがりつつある。たとえばフラ 強制されたと答えたものは一人もいない」とも語っている。, しかも、フランスでブルカ着用者は推計で数百人から千人台とされている。僅

豚ロース薄切り チーズ 大葉, 彼氏 手料理食べ たがら ない, Webデザイナー 新卒 大阪, 鳥清 大和 はなれ, カトレア 花言葉 怖い, 石垣港 ランチ そば, 上社 ランチ 魚, 電気圧力鍋 大根 鶏肉, 関西学院大学 偏差値 推移, 胡蝶しのぶ 髪飾り プラ板 作り方, 羽生 結 弦 プリンス 曲, 浦安鉄筋家族 主題歌 Bish, ツイステ ともぬい 発売日,